FC2ブログ
2018/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
プロフィール

tomorrow歌唄い

Author:tomorrow歌唄い
あきらめないから前に進もうと言える
きっと大切な何かが待っている

welcome
カテゴリ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
新しい年が来て在宅介護1年
今年も無事に 新しい年が来た。
何事も、なかったわけじゃないですが
なんとか無事に 在宅介護が一年
たくさんの方々のヘルプがあってこそ
ホンマに感謝しながらの 一年だったと思いまする。

難しいサービスの組み合わせを駆使し
朝 看護師さん
昼 訪問リハビリ
デイサービス
夜はヘルパーさんと寝る前準備 と

毎日色んな 方々がウチに来てくれます

おかげで 人見知りニャンコまでも みんなに慣れっこ てか
ひじょ〜に慣れ慣れしく 厚かましく なりよりまして
看護師さんの トートバッグから聴診器をかっさらったり
ヘルパーさんの 脱いでいたダウンの中に入ってたり、、

それが癒されると 言って下さる
ほんま すんません

でも、これが彼らの役割らしく

そして口々に お嬢が 今笑ってる顔 とか
痛い顔とか、なんか 話しかけてくれてる口の動きとか
すごく 表情が豊かになってると
言ってくれます。
最近は 声がよく出て 返事らしきものも 時折してくれます。

知らないヘルパーさんが来ると、誰だこいつ?的な
ズーーーっとガン見してはったり

忙しいスケジュールを毎日過ごす中で、
少しずつ 変化が 出て来ている一年でした

病院で ボンヤリ天井を眺めていた頃とは 激変
刺激と 声かけと 運動

当たり前のようですが、彼女の病には とても大切なようです。
きっと 同じ病の方にも

入院と、在宅、、大きな違いは、相談員が居てくれること
もちろん在宅の色々なサービスを 組み合わせたり
送迎や デイサービスの段取りを組んでもらうための なんですが
細かなことも お願いさせてもらってて

1人 病室で あれやこれや 悩みまくって
誰にも相談できないまま 絶望と戦っていた日々を思うと
今は、沢山 前向きな 挑戦ができる

もちろん 在宅の主治医の先生も レスパイト先の主治医の先生も
今は 様々な 相談が出来るようになった。

主体が 病院では無いので、全てにおいて 自己責任
介護も、ただもんじゃ無いほど 体力勝負なんすが、、

そういえば、一度も熱すら出していない母
皆さん、大変でしょう?と言って 気づかってくださるだけでも
本当にありがたい

オカンは 意外とマイペースです。
病室で、色んなことを何年も みじかに見て
やらせてもらっていたからかなあ?

ただ 困るのは、時間刻みが身に付いてしまって
何時には投薬 注入 オムツ 口腔ケア リハビリ
エンドレスなもんで (なんせ ずっと目についてまうので)

いささかワーカホリック的なのかも
じっとしている時間が あんまりなくて

そのための月に一度の レスパイトなんやけど、、
気付けば時計を見ているし、、、
外に出れるとなると 目一杯 予定を入れてまう

自分を 休ませる のが、超下手になっています。
困ったもんだなあ

なが〜い、これからを思うと、ゆとりってのが大切なのよね

とにかく1年、よう無事に過ごせたなあ と感慨無量
20150119181506a8f.jpg




関連記事
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。