2018/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
プロフィール

tomorrow歌唄い

Author:tomorrow歌唄い
あきらめないから前に進もうと言える
きっと大切な何かが待っている

welcome
カテゴリ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
たくさん引き寄せておくれ
在宅へ向けての準備に追われておりますが、なんとか元気です。
お嬢も、大きな病状の悪化もなく、平穏にこの冬を越えようとしてます。

在宅に対して 今していること

まずいろんな援助を受けるための行政上での障害認定
これは他府県入院のうちは出来ません。大阪に帰ってからようやく
確認と聞き取りを含め、書類提出と審査があります。
うちは認定6 重度で常時援助

この認定が済んだのち、色々な福祉サービスを組み合わせていただけるんですが
介護(65歳未満)だと、障がい者福祉となり、ケアマネさんではなく、
障がい福祉支援の相談員さんが着いてくれます。
その方と、今の病院のケースワーカーさん、病院の福祉相談員さんが
多方面からの支援先やサービス内容をを取りまとめてくれます。

これがまた大変な作業です。

いま住んでいる地域は大阪でも僻地なもので、施設が少ない
老人介護施設は 乱立しています。介護保険制度以降にたくさん出てきたらしいのですが
障がい者はとても限られていて、まして重度となると、、、

日中に過ごせる場所として紹介頂いたところは、同じように若い方々が居る所なのですが、送迎区域外

見学にお嬢と訪れたのですが
驚きの現象が、、違う場所に行くと 普段なら、強烈に汗をかき、緊張も半端ないこの人が
強烈に普通に見学していたのですわ。
周りの雰囲気を見回しているようで、落ち着いてはります。

一緒に来てくれた相談員さんも とてもびっくり
あまりにも病院のベッド上での表情と違うから

少しでも、ここで過ごせたらいいよねえー
問題は送迎がない事
タクシーだと往復の送迎費半端ない、、でも、

今、交渉中ですが難しい壁、、

帰宅で困るのは、入浴なんですがそれがねーーと悩んでいたところ
すぐ近くの 介護保険適用施設さんから、お風呂 送迎付きで という提案を

親子面談 お家訪問を経て、どうにか利用させていただける運びとなりました。
制度的な壁があり 今は時間が短いそうなのですが
それでも、本当にありがたい事です。

もちろん始めてのケースで最年少
でも、これを機に 他の在宅介護の若い方の利用も出来たら素敵やなあ

お風呂はほんまに大切 身体のためにも心のためにも

そして、親子でこもらない為にも 社会に出るって大切じゃん
あとは、訪問できてくださるお医者さんと看護師さんの手配

着替えや、移乗などの手助けをしてくださるヘルパーさん

オカンの作業は、ベッドや吸引機やら物品探し

昨日はようやくテラスから家に出入りできるように電動昇降機を取り付けて貰いました。
一番巨額な代物ですが、公的補助は15万のみ
これも出ない自治体も多いそうなので、少しでもありがたい事ですが
福祉機器と名のつくものは とってもお高い
介護保険でないので何故かレンタルもできません
全てにおいて買取になります。
長く使えるものと思うと、やはり何かと出費が募ります

医療費削減のため在宅介護を選ばねばならず、長期療養の施設も 若い人には少ない
だけど、帰るためには 思い負担が、、、

制度の狭間 その通りだと思います
でも、人の親なれば、、誰かの配偶者なれば
その人の社会への参加や人としての生活を考えない訳が無いじゃないですか
出来る 出来ない を選ぶ前に
諦めさせる制度ではいけないなあとも考えさせられました

次回お家での動線やらお借りしているものを 写メします。でもなんか写真添付しにくいなあ
FC2ブログって、、、使いこなせてないから引っ越そうかと考えてます。

でも今回いろいろな疑問も取り混ぜながらですが
援助してくださる 病院側の皆さんや 施設などの方々と
何やかやと話している毎日の中で、
いろんな人の力や 心こそが、私たち親子を救ってくれているんだと
しみじみ思うおかんです。
きっと、お上の瞳の中の光が引き寄せてくれているんだろうなあ
そう思ったら、あいつガンバって生きているぞ、と母は誇りに思います。

在宅準備を始めてからの 彼女の隠れたアイコンタクト能力
人の問いかけに答えようとする表情
声かけで、緊張を緩める動作が顕著になりました。
リハビリでこれを使って座位姿勢をすると、声に応えて首を挙げられたと
昨日リハの先生から嬉しい報告も頂いたり、、

上がったり下がったりやけど、ジワジワ アリンコのごとく前進しているかも

そして今日は、、雪がしんしんと積もっておりまする20140207233632584.jpg
20140207233630c64.jpg
関連記事
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。